ネコスキーブログ

猫が好きな人の雑記ブログ

【最終回】ニートのリゾバ52日目 ついに完結!最後までやり遂げた元ニートに拍手を下さい(´ω`)

f:id:nekosukineet:20190927001925j:plain

 

本日の勤務を終えて、私は1ヶ月と22日のリゾートバイト生活をやりとげました。

 

やったぜ(*^ω^)ノ

 

契約満了したので、交通費もちゃんと貰えます(  ̄▽ ̄)

 

※リゾバは行くのに交通費が掛かりますが、ちゃんと契約満了しないと交通費が出ない所が多いです。

 

人生初のリゾートバイトでしたが、すごく楽しかったです。

 

様々な人に出会えましたし、色んな場所へ行くことも出来ました。

 

ここで体験できたことは、絶対に将来プラスになってくれると信じています。

 

私はニート時代に、仕事についてもすぐに辞めてしまう『辞め癖』のようなものがついていました。

 

職場でほんの少し嫌なことがあっただけで、バックレたり退職したりすることを何度も繰り返していました。

 

酷い時には、1日だけ勤務して辞めるなんてのもありました…。

 

しかし、今回のリゾバのお陰で辞め癖も直った(ましになった)ような気がします。

 

なぜなら、なにかをやり遂げることで得られる『達成感』や『充実感』というものを身をもって知ったからです。

 

途中で辞めれば楽になります。

 

ただ、最後までやり遂げることで生まれる、この感情はすこぶる気分が良いと知りました。

 

人は達成感を知っているから頑張れると聞いたことがありますが、まさにその通りだと思います。

 

私は今まで、なにかをやり遂げたことがほとんどありません。

 

成功体験が非常に少ない人間です。

 

高校での部活も途中で辞めてしまいましたし、大学に関しては卒業も出来ませんでした。

 

ほんとにどうしようもない人間です。  

 

自分でも情けなくなってきます。

 

だからこそ、私にとってこの1ヶ月と22日のリゾートバイトをやり遂げたということは、とても大きな出来事です。

 

このリゾートバイトを通じて、このまま自分なりの社会復帰が出来ればいいなと考えています。

 

ちゃんとした定職について、親を安心させてあげたいです。

 

私の家庭はずっと片親で、母に女手一つで育て上げてもらったので、とても大きな恩があります。

 

この恩を返せるようになるのが、私の人生の目標でもあります。

 

そのためにも、色々と準備しなければなりません。 

 

やるべきことは山ほどあります。

 

なにせ4年近く引きこもってニートをしていたのですから、4年分の宿題が残ったままです。

 

今後は、就活のために時間を使いたいと思っています。

 

しかし、就活をするにもお金が掛かるので、たまにバイトか何かをして稼ぎながら自分に合った仕事を見つけようと思います。

 

私に合っている仕事がなんなのか、なんの仕事がしたいのか、なんの仕事なら採用してもらえるのか、わからないことだらけですが、なんとかなるような気がします。

 

今の私は自信に満ち溢れていますからね(´ω`)

 

しかし、ひとつだけ問題点があります。

 

それは、就活に時間を費やすと、ブログを書ける時間が減ってしまうということです。

 

もしかしたら、一日もブログに触らない日も出てくるかもしれません。

 

そうなってくると、いつの間にかブログをやらなくなってしまうなんてことも容易に想像できます。

 

しかし、ブログを辞めたりはしません!

 

私は意思が弱いので、ここでちゃんと宣言することにします。

 

毎日更新は出来なくなりますが、時間を見つけてブログを書いていく予定です。

 

就職が決まったあとも、ちゃんとブログの更新を続けて、最低でも週に1回くらいは記事を書けるようにしたいです(努力目標)。

 

相変わらずの短文愚痴日記で、生産性皆無かもしれません。

 

それでも、私にとっては意味のある行為です。

 

私がリゾートバイトを最後まで続けられたのは、たまにブログで愚痴を書いてストレス発散できていたからです。

 

もしブログを書いていなかったら、途中でストレスにやられてリゾバも辞めてしまっていたかもしれません。

 

なんとなくはじめたブログでしたが、今となっては自分の中で大きな存在となっています。

 

だいぶ話がそれましたが、とりあえず言いたいことは『私はやり遂げたぞ』ということです。

 

このブログを読んでる人の中には、私と同じようなニートやニートもどきの方が多いと思います。

 

ニートを辞めたいと思っているけど、なかなか脱出できない。

 

もしくは、そのままニートとして生きることを許容している人もいるでしょう。

 

しかし、ニートを続けているとずっと薄暗い不安感が心をさ迷い続けます。

 

もしこのまま歳を取ったらどうなるのか、親がいなくなったらどうするのか、一人で生きていけるだろうか、収入は?居場所は?周りは自分をどんな目でみるだろうか?死んだら自分は家族と同じ墓にはいれるだろうか?そんな不安や悩みがずっと脳裏にこびりついているかもしれません。

 

今回の私のリゾバ日記を通じて、そういった人たちにほんの少しでも『やればできる』ということを知ってもらえたとしたら嬉しいです。

 

自分の中の不安な気持ちを払拭できるのは、成功体験を経て自信を身に付けることだけだと思います。

 

私のようなニートになる人は、今まで失敗が多かった人かもしれません。

 

しかし、こんな私でもやりとげることができました。

 

やればできるという言葉は屁理屈っぽくて嫌いでしたが、あながち嘘ではないようです。

 

偉そうなことを言っていますが、私も明日からは実質ニートになってしまいます。

 

また長い泥沼にはまってしまわないように、とにかく行動します。

 

やればできる(´ω`)

 

この事だけは忘れずにいられれば、これからの人生もなんやかんや上手くいってくれそうな気がします。 

 

最後に

 

※50話以上に及ぶ『ニートのリゾバ日記シリーズ』を読んでいただきありがとうございました。

 

記事を投稿する度に何度もコメントを下さったり、ブックマークで応援してくださったりして本当に励みになりました。

 

また、たくさんのはてなスターを頂けて嬉しい限りです。

 

皆さんの応援のお陰で、頑張れたといっても過言ではないです。

 

駄文&愚痴まみれのブログはありますが、今後ともよろしくお願いします。

 

本当にありがとうございました!!

 

 

f:id:nekosukineet:20190522184824j:plain

リゾバ最後に撮った自室の写真。